管理取扱上の注意点

販売促進に際しては、業者サイドから取扱面が簡単手軽などのメリットが伝えられる傾向が顕著な監視カメラですが、不特定多数の通行人や来訪者の姿を一方的に捉える機材である以上、記録された画像の使用に際しては細心の注意が求められます。さまざまなシチュエーションが想定されますが、時に警察から画像の提示を求められても、安易に独断での開示に及んではならないケースも見られるなど、私達一般市民レベルでは細かいルールの把握からの瞬時の判断に窮する場面も少なくありません。とりわけ肖像権に関する主張やトラブル事例が数多く伝えられる昨今、監視カメラの管理に関しては、然るべき専門業者もしくは決められた担当者に一任するのが賢明です。

また設置状態に関しても、定期的なチェック作業が欠かせません。強風や強雨や飛来物などでレンズの方向が動いてしまえば、防犯カメラとしての役割は果たせません。その他エンドレスで録画を続けるシステムの時刻設定がズレてしまえば、事件解決に際しての有力証拠としての役割にも疑問符が生じてしまいます。精密機器であると同時に第三者の姿を捉え続けている事実を踏まえ、適正な管理体制を維持せねばならず、単なる隠し撮り用の機材と捉えて導入してはなりません。

重要な設置業者の選択

今日防犯カメラを市場に供給する業者は数多く、その製品の規格や性能、販売価格や設置方法なども多岐に亘っています。ラジオスポットの通販情報を用い、個人を対象に反則展開する製品から、警備会社や建物管理会社と提携から、一定規模以上の施設全体を管理する総合的なシステムのアイテムの1つとして防犯カメラを活用するスタイルまで、幾つもの選択肢が存在しています。ここでは防犯対策を必要とする箇所の状況や範囲のみならず、実際に導入したシステムをどのように管理するのか、自分達だけで確実な管理から適正な活用が可能なのかなど、十分なシミュレーションからの検討作業が欠かせません。

せっかく導入した監視カメラも、その性能を十分に有効活用しなければ、高額なダミー機となってしまい兼ねません。やはりお薦めなのは建物管理業者あるいは警備会社との連携が24時間態勢で確保され、緊急には速やかな対応を仰ぐ事が叶う防犯体制の構築です。私達自身は日常的に監視カメラを意識す事無く、あくまで縁の下の力持ち的に、その姿と設置の事実を外部の人達に知らしめる事で、犯罪や事故防止効果を発揮しつつ、緊急時には動かぬ証拠を捉えてくれる存在だからこそ、設置後を視野に入れた設置を依頼する業者の選択が重要です。

防犯効果を検証する

不特定多数の人の出入りが途絶えぬ各施設、あるいは集合住宅など、今日監視カメラは設置されていて当然と認識される、重要な防犯アイテムとして周知されています。不運にも何らかの事故あるいは事故現場となってしまった際、記録された画像が決め手となり、当時何が生じたかの動かぬ映像証拠を記録から、解決へと繋がる展開は数え切れません。テレビなどのメディアを通じて配信された現場映像が決め手となり、容疑者検挙に至るケースも数多く、問題解決に関する効果は既に周知されています。

更に昨今では新幹線や在来線の車両など、交通公共機関の車両内にも搭載されるなど、防犯カメラの「防犯」効果に関しても、より活躍の場を広げています。黎明期の防犯カメラは隠しカメラ的に、第三者からは見つからぬ設置方法が主に採用されていましたが、昨今はその存在を知らしめた上で画像記録をエンドレスで行う事で、犯罪を未然に防ぐ役割をより的確に果たすアイテムとしても活用されています。性能面も日々向上を続け、画像の鮮度や録画時間、更には撮影可能範囲など、カメラ1台あたりの管理能力も格段に向上しています。24時間警備サービスの警備会社との連携など、異常を捉えて即連携する警備システムも人気を博しており、分譲マンションなどにも積極的に導入されるなど、防犯カメラを軸としたリスク回避環境の構築が進んでいます。

監視カメラ導入の意義

年々その手口の巧妙化に加速が止まらぬ各種犯罪の中でも、空き巣を始めとする管理施設内に於ける犯罪は、その件数の増加傾向が止まる気配すら見せていません。留守宅の空き巣被害のみならず、駐車中の自動車内の金品の盗難のみならず、車体自体を乗り逃げする悪質な手口など、エスカレートの一途を辿るばかりです。更には施設内のアクシデントが引き金となる居住者間あるいは来訪者との間のトラブルも数え切れず、世の中全体のニーズを確かめるまでもなく、今日監視カメラの存在は必要不可欠との表現がマッチするのが現状です。

一昔前であれば「監視カメラ作動中」との掲示文プラス、ダミーのそれらしきアイテムの設置も一般的でしたが、今日このような子供騙しはむしろ、犯罪を企てる側を手招きする逆効果に繋がるばかりです。24時間エンドレスで要所要所を撮影から記録し続ける監視カメラは、不運にも犯罪の被害者あるいは事故現場となってしまった際に、何より真実を撮影した動かぬ証拠動画として、犯人の検挙もしくは加害者の特定など、有無を言わさぬ決定的な働きを担ってくれます。

分譲マンションあるいはテナント物件、更には経営される店舗や事業所など、監視カメラの早急な設置をお薦め申し上げたい施設は数え切れません。ここでは今日必要不可欠なアイテムとして周知の監視カメラに視線を合わせ、その防犯効果や設置に際してのポイント、更には管理上の注意点など、ぜひ踏まえておいていただきたい基礎知識を紹介させていただきます。