Pocket

年々その手口の巧妙化に加速が止まらぬ各種犯罪の中でも、空き巣を始めとする管理施設内に於ける犯罪は、その件数の増加傾向が止まる気配すら見せていません。留守宅の空き巣被害のみならず、駐車中の自動車内の金品の盗難のみならず、車体自体を乗り逃げする悪質な手口など、エスカレートの一途を辿るばかりです。更には施設内のアクシデントが引き金となる居住者間あるいは来訪者との間のトラブルも数え切れず、世の中全体のニーズを確かめるまでもなく、今日監視カメラの存在は必要不可欠との表現がマッチするのが現状です。

一昔前であれば「監視カメラ作動中」との掲示文プラス、ダミーのそれらしきアイテムの設置も一般的でしたが、今日このような子供騙しはむしろ、犯罪を企てる側を手招きする逆効果に繋がるばかりです。24時間エンドレスで要所要所を撮影から記録し続ける監視カメラは、不運にも犯罪の被害者あるいは事故現場となってしまった際に、何より真実を撮影した動かぬ証拠動画として、犯人の検挙もしくは加害者の特定など、有無を言わさぬ決定的な働きを担ってくれます。

分譲マンションあるいはテナント物件、更には経営される店舗や事業所など、監視カメラの早急な設置をお薦め申し上げたい施設は数え切れません。ここでは今日必要不可欠なアイテムとして周知の監視カメラに視線を合わせ、その防犯効果や設置に際してのポイント、更には管理上の注意点など、ぜひ踏まえておいていただきたい基礎知識を紹介させていただきます。