Pocket

不特定多数の人の出入りが途絶えぬ各施設、あるいは集合住宅など、今日監視カメラは設置されていて当然と認識される、重要な防犯アイテムとして周知されています。不運にも何らかの事故あるいは事故現場となってしまった際、記録された画像が決め手となり、当時何が生じたかの動かぬ映像証拠を記録から、解決へと繋がる展開は数え切れません。テレビなどのメディアを通じて配信された現場映像が決め手となり、容疑者検挙に至るケースも数多く、問題解決に関する効果は既に周知されています。

更に昨今では新幹線や在来線の車両など、交通公共機関の車両内にも搭載されるなど、防犯カメラの「防犯」効果に関しても、より活躍の場を広げています。黎明期の防犯カメラは隠しカメラ的に、第三者からは見つからぬ設置方法が主に採用されていましたが、昨今はその存在を知らしめた上で画像記録をエンドレスで行う事で、犯罪を未然に防ぐ役割をより的確に果たすアイテムとしても活用されています。性能面も日々向上を続け、画像の鮮度や録画時間、更には撮影可能範囲など、カメラ1台あたりの管理能力も格段に向上しています。24時間警備サービスの警備会社との連携など、異常を捉えて即連携する警備システムも人気を博しており、分譲マンションなどにも積極的に導入されるなど、防犯カメラを軸としたリスク回避環境の構築が進んでいます。